読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベルリンへ行くの巻。

前回のハプニングから一転、
今回はシューっと読める
只々観光したお話。←自分もハプニング多すぎてそれ以外書いたらあかんかのような自分で自分を追い込むブログに勝手になっていることに後悔(笑)





ゲルリッツから2時間半ぐらいの
ドイツの首都。



今回はツアーガイドも同行。


この前言うたドイツ語ペラのペラ男さんこと優男さん。




ベルリンはゲルリッツより英語通じるから安心感あるけど、
やっぱり心強い。





ベルリンへは車で。






こうさんも右ハンドル右車線慣れてきている様子。



でもハプニングを招く私達は気をつけなはれや!と
ゆっくり運転。




かと思いきや、




ドイツは高速道路、基本的にスピード無制限。







めっちゃ攻めるやん。


日本ではそれ免停レベルだよね。


社長さんは東京→大阪間を4時間半で行くらしい。

常230㌔やて。メーター振り切ってるやん((((;゚Д゚)))))))新幹線並みやん。言い過ぎか。



ま、事故なく着きました。←何やハプニングないんかいって思ったやろ?(笑)





ベルリンて特にこれ!!ってゆうイメージなかったけど行ってもやっぱり特にって感じでお目当ての、
f:id:germanytomoppy:20151012213621j:image
日本食を巡り、日本食材を買い込む旅。
f:id:germanytomoppy:20151012213655j:image


日本語が飛び交う店内。
何ならBGMまでジャパニーズポップ!






マッキーやん!

落ち着くわ〜



祖国の味に目頭が熱くなったよ。




ドイツ料理はしょっぱい&こってりが主流←あんま食べたことないけど。だって千円以上払って失敗したくないやん?(笑)





あとはベタにサイトシーング。
ベルリンの壁。西と東を跨いでます!的なベタなショット。
f:id:germanytomoppy:20151012214300j:image


ハンブルグ?門。←何回見ても覚えられへん。
f:id:germanytomoppy:20151012214410j:image

ツアーガイドの説明付き。


なるほど。



歴史と共に教えてくれるから興味深いですね。←優男さん、大学の専門は哲学だったらしくすげー詳しい。




国会議事堂。
f:id:germanytomoppy:20151012214619j:image



メルケルさん、ここにいはるんやね。







ベルリンの壁の一部が観光化。
f:id:germanytomoppy:20151012214716j:image


タイル貼ってるんかと思いきや、よー見たら
f:id:germanytomoppy:20151012214806j:image



ガムやん
触ったやん



観光化するとこうも汚なるんやなと。





気を取り直してー




ベルリン名物カレー味のホットドッグ。
f:id:germanytomoppy:20151012215346j:image

こんな熟年夫婦まで。
そりゃ肥えますよ。
だいたいみんなデカイもんね。
f:id:germanytomoppy:20151012215438j:image






ベルリン来て思ったこと。

難民受け入れ過ぎて

ベルリン市内は結構なダウンタウン






壁にはスプレーの落書きだらけ。
イメージ、ニューヨークの昔の地下鉄みたいな、




ゴミ箱を漁る方々。







結構貧富の差が激しいみたい。





大丈夫か!?
ドイツ。。



何もなく帰って来ることが出来ましたー
ヽ(´o`;



よかったよー




また行くぜ。ベルリン〜